ビール商戦、ついにサントリーがキリンを抜く

ビールと言えばキリン…という現在の中年層を後目に、ついにサントリーがキリンを抜きビール商戦のトップに立ってしまうという事態が起こってしまいました。キリンと言えばラガービールが有名ですが、サントリーと言えば…?という人は多いことでしょう。

 

それくらいビールと言えばキリンという風潮の中、サントリーがビール商戦で首位に立ったということはとんでもないことなんです。かつては合併の話まであったキリンとサントリーですが、こんなところで熾烈な争いを繰り広げていたんですね。

 

サントリーが首位に立った要因はプレミアムモルツというビールで、テレビCMで矢沢永吉さんが渋く宣伝をしていますよね。他にも竹内祐子さんなど貫禄あるタレントの起用で知っている人は多いと思います。

 

ちなみに、キリンやサントリーの他にもビールで有名なメーカーはまだありますよね?アサヒとサッポロです。アサヒはキリンに次ぐ3位、サッポロが4位となっています。売上高で見ると1位サントリーと2位キリンの差はあまりありませんが、1位サントリーと4位サッポロの差はなんと4.5倍…結構差が開いてますよね。

 

サッポロ大丈夫なの?と思うかもしれませんが、実は海外なんかではサッポロビールが結構強かったりします。日本のビールは世界でも愛されていますから、世界で見るとこの順位も変わってくるのかもしれませんね。

 

個人的にはビールを飲まないので、どこが美味しいとか全く個人的な意見はないのですが、本当にビールを美味しそうに飲める人が羨ましいです。のどごし!キレ!とか言われても飲まない私にとっては全く分かりませんからね。