ニコンの足を引っ張る意外なもの

ニコンと言えば一眼レフカメラで有名なあのニコンですよね。
そんなニコンが何とも意外なものに足を引っ張られ業績が悪化しているというニュースが飛び込んできました。

 

その意外なものとは…

 

なんとニコンの代名詞でもあるカメラ事業です。

 

最近では写真を趣味にと一眼レフカメラが売れているという印象がありますが、実はそうでは無かったようです。

 

かつて、一眼レフといえばニコンとキャノンが市場を分け合っていたとのことですが、最近ではそこにスマートフォンが割って入ってきているとのこと…。

 

スマートフォンと一眼レフでは全く別物と思ってしまいそうですが、なんといっても最近のスマートフォンのカメラの性能はものすごく良いです。しかもアプリで独自の編集が出来たりと一眼レフの必要性が無くなってきているといいます。

 

また、SNSなどに写真をアップする際にも一眼レフよりはスマートフォンで撮ったものをそのままアップする方が圧倒的に使い勝手が良いですし、誰でも使えるという手軽さもあります。

 

昔みたいに大きなカメラを首からぶら下げなくても、片手一つで手軽に美しい写真が取れる時代になったということです。

もちろん、スマートフォン以上に美しい写真を一眼レフで撮ることが出来るのですが、それ以上となると本当に拘りを持っている人が対象となり、そこにニーズが無いということなのだと思います。

 

それにしても、あのニコンがまさかカメラ事業に足を引っ張られて不振に陥っているとは何とも意外ですよね。やっぱり、どんな大手企業でも時代の流れに乗らないと業績を上げ続けるというのは難しいということなのかもしれませんね。